Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
Selected Entries
Archives
Categories
Recent Comments
Links
Profile
Others



高等遊民を目指すブログ

むらむらきていることをもじかするにっき
<< 真夏の夜 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夏の終わりによせて
少し前に我が家の犬がなくなった。
僕は身近な哺乳類の死というものに触れたことがほとんどなく。多分これが初めてではないかと思うぐらい。

僕はでかい犬の背中にしがみ付いて走ってもらうという野望を小さいときにもっていたのだが、残念ながら彼はそれほど大きくなかった。僕が乗ろうとしたら嫌がってていた。いろいろと特記すべきところはあったはずだがいざ思い出そうとすると出てこない。とにかくみなに愛される元気なよい家族であった。


去年ぐらいに腫瘍ができて、手術して、ちょっとずつ調子が悪くなっていって、それでもなんとか踏ん張っていて、という感じでここまでやってきた上でのことだったので、やっぱり悲しかったけど、いざ現実に直面してみると、かなりあっけなかった。ある程度は覚悟していたし、こういうものなのかと妙に納得さえもした。

彼の最後は、やせている事と舌がはみ出している以外はまったくもって普通で、幸いにも傍目にはそれほど苦しんだようでもなく、(家庭の事情的のことも考えると)うまくタイミングを見計らっていたようにも思える絶妙な刹那であった。

加えてたいへんみっともない格好で倒れていたので、最期まで愛嬌があった。

僕の最終的な目標は高等遊民ではなく、安心して死に(唯一安心できる瞬間ではないだろうか)、葬式で笑ってもらうことである。それができる彼はすごいいぬだと僕は感服した。なかなかできる芸当ではないのではないと思う。


つまり何が言いたいかというと、なんというか、この出来事を通して見るとあたらしいはじまりのようなものを感じることができたのだ。自然と死を前向きに捉えるという。非常に前向きな感情。





今は結構すっきり捉えられているがいつか突然感傷に浸って悲しむかもしれない。すっぱり忘れてしまうかもしれない。そのあたりはよくわからない。

しかしどんな感情であれとにかく彼をいつまでも覚えておくということが一番大切なのではないかと思う。
僕自身の一部分を構成し、そしてその先への布石を打っておいてくれた彼のことを。大事なことを見失いそうになったときに戻ってくる場所を。
この記事はそのための記録。



どっこい僕は今を生きている、ので時々手を抜きつつ回り道しつつさぼりつつも全力で疾走している心算である。後ろを振り返っている余裕も暇も頭もないのだ。だから時々、彼の往年の脚力でもって僕の記憶を追い抜き今に追いついて、こちらを振り返ってわざとらしいあくびでもしてくれればな、と思う。
| 雑記 | 04:34 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 04:34 | - | - |